カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

和田新二郎

「便利な道具」では、ブログでDIY・日曜大工・一般の方はもちろんプロの職人の方にも商品の取扱いや修理の仕方、または設置方法などを動画でご紹介しております。是非ともお客様の節約に貢献できればと思います。当店ではお電話での商品に対する、ご質問には回答できかねます。必ず前もって、電子メールで、ご質問ください。なお、メールでの御質問が不明瞭の場合が多いため、御住所および、携帯電話を必ず、お書き入れください。 メール対応や動画閲覧では解決困難の場合や商品到着後のクレーム、取扱いに関する事のみ、電話対応となります。 ご了解のほど、お願いいたします。 なお、マイクロ水力発電に関して、店舗での質問は、担当者の現場出張が多く、対応困難です。必ず、7日以上前にメールにて、測定方法など、必要な質問事項を箇条書きにて、ご発信の上、アポをお取りください。また、11月の渇水期のL/secと落差と最大消費器具の起電流がわかれば、見積回答できます。

本社の風景
最近、代引きでの「いたずら発注」や「なりすまし発注」が多く発生し、受け取り拒否される前に、当社より必ず受注または発送メールが送られてきますので、その旨ご返メールください。単に受け取り拒否のみを繰り返されますと、要注意メールアドレスとして通報されます。盗まれたと気付いた時点で、メールアドレスやパスワードを即座に変更してください。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

奥越のかんじき 材質はじき、組紐製

奥越の熊追いのため、走りやすいようにつま先とかかとが上にそっている。
春、冬眠から覚めるころ、実際に鉄砲を持って、人と犬が熊を包囲して、鉄砲を撃つ。ロープは伸びることがない特殊樹脂ロープを使用している。
電力会社の厳冬の頃の鉄塔補修にも活躍する。遭難救助にも
欠かせない。
最近は装飾品ともなっている。
[はじき]は日本古来より伝わる、「柿渋」という天然素材を浸透させ、防水、防腐加工しているので、舐めても、触っても害はなく、そのせいか、いつまでも弾力性が残るが、製作しにくく、手間がかかる。このような「かんじき」を手作りするには、越前奥越でも、ついに”数名”となってしまった。
型番 21702
販売価格 15,000円(税込16,200円)
購入数

ピックアップ商品